経費削減ワークショップ

kan_kataduke002

「経費削減活動」を「環境活動」として取組む
「経費削減」は「社内の環境活動」と連動しています。


ユニペックでは、「社内の経費削減活動・改善活動」を「環境活動」として取り組むことをお勧めしています。
経費削減は、まず、社内の日頃の業務の中のどこにムリ・ムダ・ムラがあるのか認識して
共有することから始まります。

長年、同じやり方をしているので、疑問を感じていないことが実はムダだったり
ムダだとわかっていても、長年この方法でやっているのでつい、そうしてしまう、

また、当たり前と思ってやっていることが
他の部署から見たらムダだったり

ムダだと思っていても、なんとなく言い出す機会や
ムリ・ムダ・ムラについて検討する仕組みがないので
そのままになっていたり

経費削減活動や改善活動は、日頃の激務の中で継続が難しく
経営者や担当者だけの孤独な活動になってしまいがちです。

そんな孤独な活動で終わらせないため
ユニペックでは、社内の、どこに、どんなムダがあるのか?を
従業員様で、共有し、従業員全員の活動にする機会をサポートいたします。

■課題の解決の手順



1、「経費削減活動」を「環境活動」として取組む
   経費削減活動を社内の環境活動として、ムリ・ムダ・ムラを削減できる仕組みをつくる

2、ウミを出し切ってもらう
   日頃、「何かおかしい!ムダ!」と思っているコトをテーマに、社内でワークショップを実施する

3、「解決策」と「実施手段」を自分達で考えてもらう
   目的と手段を分けて考え、会社と自分の将来を念頭において、どうすればいいのか対策案をみんなで考える

4、いよいよ、環境活動としてムリ・ムダ・ムラの解消活動を展開する
   担当者だけが、取り組む孤独な活動では長続きしません、全員を巻き込める仕組みづくりで推進する


経費削減ワークショップ


単なる社長や担当者の節約運動では、長続きしません。
弊社では、社内の環境活動として取り組むことをお勧めしています。

■お客様の課題


◇会社の経費削減に取り組みたい
◇業務のムリ・ムダ・ムラを見つけて、業務効率化を図りたい

■支援内容


経費削減は、ムリ・ムダ・ムラを見つけて改善することが早道です。
しかし、ただ改善と言っても長続きしないのが常です。
弊社では、経費削減活動を、単なるケチケチ運動ではなく、社内の環境活動として
取り組むことを、お勧めしています。そうすることによって、活動の目的やゴールを
意識することができ、活動そのものに必然性や正当性を持たせることができます。


■成果


◇日頃の業務のどこにムリ・ムダ・ムラがあるのか再認識できる
◇長年、続けている業務が実はムダだったことを発見できる
◇ムダと思っていても言い出せないことを言える場ができる
◇しっかりとした仕組みができれば、継続可能になる
◇社内のコミュニケーションが活発になり風通しがよくなった
◇他の業務や会議も生産的かつ建設的になってきた


ban_toiawase_l